So-net無料ブログ作成

ニュースEX 川原和久×六角精児テキストコメンタリー 第5回 [相棒]

テーマ:シーズン8 第15話「狙われた刑事」その2

<伊丹と尊が車中で張り込むシーン>

川原「ここ、辛かったなあ。いろんな角度で撮ってるんですけど、そのたびに全部通しでやってるんです」

六角「それは大変そうだ」

川原「しかも、この目線の先にスタッフがいっぱいいるんです。ロケだから、人や車を止めたりするために、ザワザワ動いてて、気が散っちゃって。オレ、修行が足りないな~って思いました」

<浜野(加藤虎ノ介)の部屋での立ち回りシーン>

六角「おお、立ち回りだ!米沢は立ち回りやったこと、まだ一度もないんです」

川原「そういえばそうか。立ち回りさせたいね」

六角「でも弱いと思うよ(笑)。警察官だから、剣道とかはやってるかもしれないけど」

<鑑識部屋で特命係と米沢の会話に伊丹が入ってくるシーン>

川原「ここで僕が噛んだら、この芝居をまた最初からやってもらわないといけないわけで(笑)。緊張したなあ」

六角「ずっとカット割ってないですからね」

川原「何か俺ら、長回しのグチばっかり言ってない?(笑)」

<回想の同窓会パーティーのシーン>

六角「この回、あんまりブルーっぽい画面じゃないね」

川原「それはこのシーンだけじゃない?シャンデリアが黄色に光ってるから」

六角<取調室のシーンに戻って>「ほんとだ。ごめん、やっぱりブルーだった(笑)」

川原「いわゆる『相棒ブルー』だよね」

--照明がブルーっぽいのは、現場ではわからないものなんですか?

川原「照明っていうよりも、色調整の問題ですから。普通の照明だよね」

六角「僕らは現場でこんなブルーを見たことはないです」

<右京が「伊丹という刑事は、そのような不正を犯す刑事ではありません」と言ったシーン>

川原「ここ、右京さんにこんなこと言われて、どんなリアクションしようか迷ったんだよ」

六角「これは今のまま無反応のほうがいいでしょう」

川原「ニヤッとしたり、小躍りしたりしてみては?(笑)」

六角「やめてくださいよ(笑)」

<吉武を逮捕に来たシーン>

川原「これまた大変なシーンでした。事件を説明して逮捕して去るまでの、すごい長い1カットでしたから」

六角「オンエアで見てて、大変そうだなって思いました。ゲストの方たちは、いきなり来てポンってやるんだからね」

--レギュラーの皆さんは慣れてますものね。

川原&六角「覚悟がある」

--ハモりましたね(笑)。

川原「慣れっていうよりも、覚悟の問題だと思う」

六角「ほんと、ゲストの方たちはタフだと思います」

<エンドクレジットが流れて>

川原「長いシーンが多かったな(笑)」

六角「確かに、僕らはどうしても大変そうだなって見てしまうから、純粋に芝居を楽しめる感じではないですね(笑)。でも、お話の流れに無理がないですし、凝ってるけど、自然で面白かったです。伊丹が最後に頭を下げるのも、余韻があっていいですよね」

川原「でも、次の回からは通常営業に戻るから、調整が難しいんだよ(笑)」

六角「いろんな脚本家さんと監督さんがいるからね(笑)」

川原「僕らは登場人物の目線で台本を読むから、なんでこいういう行動しちゃうの?って時が時々あります」

六角「キャラクターの積み重ねをちゃんと持っていないと」

川原「そうそう。そうすると、台本に書かれていないことでもちょっと足せるんだよね。そういうのは大切にしたいと思っています」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。